先日、横浜のお客様の輸出入酒類卸売業免許及び洋酒卸売業免許の受け取りに行ってきました。

横浜の法人様の輸出入酒類卸売業免許及び、洋酒卸売業免許

横浜にある税務署に免許付与の決定がされましたお客様の免許受け取りに行ってまいりました。原則として本人受け取りが原則なのですが、お客様が忙しく、ご自身では行くことができない状況であった為、代わりに受け取りに行くこととなりました。

余裕を持っていくことにしたのですが、早すぎてしまったようです。時間がありすぎるため、横浜中華街をブラっとしながら時間をつぶしてから税務署に行くことに。

免許の受け取り及び印紙税の支払い、注意点等の説明を受けて、約40分くらいでした。

 

当事務所では、開業当初より酒類販売業免許申請を業務として行ってきておりますので、申請に関する豊富な経験と知識をもってお客様の免許の取得をサポート致します。

東京を中心に神奈川、埼玉、千葉、茨城、などやその他北海道から九州、沖縄までご相談がありますので、申請は全国行っております。

 

酒類販売業免許申請のご依頼は、日本全国に対応していますので、ご連絡お待ちしています。

酒類販売業免許申請でお困りの方

、近くに酒類販売業に詳しい行政書士がいない方、当事務所に一度ご相談ください。東京を中心に、関東圏はもちろん北海道や名古屋、京都、大阪、九州などからのご依頼もあります。

メール対応や郵送等でも、当事務所との連絡を取りながら進められます。

原則として、遠方であってもメールやお電話での聞き取り、郵送やPDF添付又は、FAXなどでの対応ができますのでご安心ください。

酒類販売業免許申請書の提出や酒類担当官との対応に関しても全て代行しますのでご安心ください。

万が一の不許可時全額返金保証制度

酒類販売業免許申請専門の「行政書士アーム法務事務所」に対して、お客様の求めている結果は「酒類販売業免許の取得」です。いくら親切でも、作業が早くても、料金が安くても免許の取得とならなければ意味がありません。行政書士アーム法務事務所では、「酒類販売業免許の取得」というお客様の満足のために、専門知識を駆使して結果を出すことにこだわります。

酒類販売業免許申請の付与は、税務署長が最終的に決済するものであって、100%許可が出るかどうかは、何処の事務所であても判断はできないものです。しかし、当事務所では、深い専門知識と過去の申請経験から、ほとんどのケースで取得となるのか又は、ならないのかを事前に判断が可能なレベルにあります。

免許取得保障(万が一の不許可時全額返金保障)制度

行政書士アーム法務事務所では、ご依頼いただき申請をしたにもかかわらず、万が一不許可となった場合には、無料で再申請、場合によっては再々申請まで行います。ですが、最終的な結果が不許可の場合は、全額返金を致します。これは、酒類販売業免許申請に自信があるからこそ提供できる制度です。

安心してお任せください。

行政書士アーム法務事務所では、酒類販売業免許申請を開業当初から専門として行ってきています。

お酒の販売業を始めたいと思ったら、お酒の販売業専門の行政書士がいる当事務所にご相談ください。

問い合わせフォームより、無料相談を受け付けています。

お電話でのご相談も受け付けております

お気軽にお問い合わせください。

 


2019年10月20日