ブログ始めました

 

先日、酒類販売業免許申請代行業のブラッシュアップのための研修に、

酒類販売業免許を専門にしている先生がまだまだ少ないこともあるため他の先生と意見交換もできました。

今回の講義での宅配ピザ屋さんのお話


ピザ屋さんの中にはお酒も販売している店舗がありますよね

デリバリーするということは通信販売酒類小売業免許が必要なのか?


一般酒類小売業免許でいいのです。


カタログやネットを見て注文するから通信販売の免許が必要と思うかもしれませんが、

宅配ピザ屋さんの場合は、店舗ごとに配達エリアが決まっていますので、1つの都道府県内で配達をすることになります。
2都道府県以上に対してお酒を販売することを要件としている通信販売の免許は必要ないのです

そのため、「一般酒類小売業免許」を取得すればピザと一緒に注文を受けてお酒も宅配できることになるということです。

もちろん最近はいろんな宅配が増えてますよね、ステーキハウスや高級レストラン等も配達を始めたみたいですよ、
それらもみな1つの配達エリアにとどめてさえおけば
今のところは、一般酒類小売業免許申請で大丈夫ということになりますね。

 

万が一の不許可時全額返金保証制度

酒類販売業免許申請専門の「行政書士アーム法務事務所」に対して、お客様の求めている結果は「酒類販売業免許の取得」です。いくら親切でも、作業が早くても、料金が安くても免許の取得とならなければ意味がありません。行政書士アーム法務事務所では、「酒類販売業免許の取得」というお客様の満足のために、専門知識を駆使して結果を出すことにこだわります。

酒類販売業免許申請の付与は、税務署長が最終的に決済するものであって、100%許可が出るかどうかは、何処の事務所であても判断はできないものです。しかし、当事務所では、深い専門知識と過去の申請経験から、ほとんどのケースで取得となるのか又は、ならないのかを事前に判断が可能なレベルにあります。


免許取得保障(万が一の不許可時全額返金保障)制度

行政書士アーム法務事務所では、ご依頼いただき申請をしたにもかかわらず、万が一不許可となった場合には、無料で再申請、場合によっては再々申請まで行います。ですが、最終的な結果が不許可の場合は、全額返金を致します。これは、酒類販売業免許申請に自信があるからこそ提供できる制度です。

 

---------------------------------------------------------------

酒類販売業免許申請代行なら行政書士にお任せください。

東京都港区行政書士事務所港区行政書士青山
表参道外苑前近くの行政書士事務所でお探しなら南青山にある
行政書士事務所 アーム法務事務所にお任せください。

tel.03-6804-5755
初回相談無料
お気軽にご相談ください
平日8時30分~21時30分
東京都港区行政書士事務所 南青山
          アーム法務事務所

2017年12月06日