輸出入酒類卸売業免許申請

輸出入酒類卸売業免許とは

自己が直接輸出、自己が直接輸入する酒類を卸売することができる免許となります。

自己が直接というのが重要となります。

この免許の申請は、輸出入とひとくくりになっていますが、輸出免許と輸入免許が区別されているため、どちらを申請するのか、または、両方申請するのかなどで、条件や提出書類なども変わってきます。また、集める書類も通常の小売業免許よりも多く、書類作成も煩雑となります。

海外の酒類販売業者や卸業者に対して酒類を輸出販売する場合には輸出酒類卸売業免許が必要となります。

当事務所には、輸出入卸売業免許の申請相談も多数受けています。実際に免許取得に多数の方がなっております。最近では中国への輸出をしたいというお客様が非常に多いですね。中国では、日本から輸出されてきた商品の需要が非常にあると言ってました。

海外へのお酒の輸出又は、海外からの輸入を考えている方は、今すぐ行政書士アーム法務事務所へご相談ください。

メールフォーム又は、お電話でのお問い合わせ、ご連絡お待ちしております。

万が一の不許可時全額返金保証制度

酒類販売業免許申請専門の「行政書士アーム法務事務所」に対して、お客様の求めている結果は「酒類販売業免許の取得」です。いくら親切でも、作業が早くても、料金が安くても免許の取得とならなければ意味がありません。行政書士アーム法務事務所では、「酒類販売業免許の取得」というお客様の満足のために、専門知識を駆使して結果を出すことにこだわります。

酒類販売業免許申請の付与は、税務署長が最終的に決済するものであって、100%許可が出るかどうかは、何処の事務所であても判断はできないものです。しかし、当事務所では、深い専門知識と過去の申請経験から、ほとんどのケースで取得となるのか又は、ならないのかを事前に判断が可能なレベルにあります。


免許取得保障(万が一の不許可時全額返金保障)制度

行政書士アーム法務事務所では、ご依頼いただき申請をしたにもかかわらず、万が一不許可となった場合には、無料で再申請、場合によっては再々申請まで行います。ですが、最終的な結果が不許可の場合は、全額返金を致します。これは、酒類販売業免許申請に自信があるからこそ提供できる制度です。

問い合わせ 酒類販売業免許申請